プロジェクトの全体像が見えるようになった!Trelloにガントチャートを追加する方法

プロジェクトの全体像が見えるようになった!Trelloにガントチャートを追加する方法

プロジェクト内のタスク管理はどのように行っていますか?

今回はTrelloにガントチャートを追加してプロジェクト全体の進捗を管理しやすくするための無料ツールのご紹介です。

Trello

タスク管理サービスとして2011年にニューヨークでスタートしたサービスです。

Terlloサンプル

ドラッグ&ドロップでタスクカードを移動でき、今取りかかるべきタスクがボード上でわかりやすい仕様になっています。

Trelloの悩み

Trelloは個人の進捗管理は行いやすいのですが、全体の進捗管理が行いづらいという悩みがありました。 複数プロジェクトがはしった時に個人でタスクの優先度が見えなくなり、複数ボードを行き来すること困難な状況となります。

ガントチャートツールganttify

そこで全体の進捗管理を見えるようにするために、ガントチャートツールganttifyがオススメです。
こちらは進捗管理を見えるようにするガントチャートを5秒で作成可能です。

Ganttify

フィルタを通して今日から7日以内に行うタスクを絞ることができます。

その際、TrelloのカードのDescriptionに下記を明記するとガントチャート上にタスクの開始日時とタスクの作業時間明記することがきます。

Trello 日時の明記

start: 07-30-2015 13:00
duration: 2.5h

こちらはガントチャート上でも編集してもTrelloに反映されるので、便利ですね。

Trelloにガントチャートを追加する方法はいかがでしたか?

redmineよりは利用できる機能は限られますが、無料で利用できる分には嬉しい機能です。
ぜひ、利用してみてください。

【PR】
Dot metrix広告2

最近の投稿

More

*

Dot metrix

Dot metrix広告2