Googleアナリティクスに新機能「ユーザー エクスプローラ」が登場!

Googleアナリティクスに新機能「ユーザー エクスプローラ」が登場!

これまでGoolgeアナリティクスでは、ユーザー単位の行動分析はあまり得意とされていませんでした。しかし、新機能として「ユーザーエクスプローラ」をベータリリースしました。(まだ一部のユーザーのみ利用可能なようです)そこで今回は、この新機能について解説したいと思います。

ユーザーエクスプローラとは

ユーザーエクスプローラとは、サイトに訪問したユーザー個々の導線を分析できる機能です。まだベータ版ということもありヘルプページなど細かい説明もなく、ユーザーも順次公開となっているようです。

機能と用語の解説

では、使い方の説明です。
ユーザーエクスプローラメニュー
左メニューの「ユーザー」項目に「ユーザーエクスプローラ」という項目があります。

ユーザーエクスプローラトップ

ユーザーエクスプローラ画面
メニューをクリックするとトップ画面が表示されます。トップでは、期間内でセッション数の多い順にクライアントIDを表示しています。クライアントIDというのは、Googleアナリティクスがブラウザに対して発行するユニークな識別子です。サイト訪問したユーザーの個々のIDとなりますが、ブラウザ単位なので、同一人物がスマホとPCで訪問した場合は別のユーザーとして認識してしまいます。
また、右上に碁盤のようなアイコンがあります。
セッション数の優先度
こちらはデータが複雑化されるため、分析結果の表示速度を優先するか、精度を優先するかを設定できるようです。試してみましたがサンプル数が少なかったため、特に変化はありませんでした。クライアントIDをクリックすると、そのユーザーの行動レポートが表示されます。

ユーザーレポート画面

ユーザーレポート
ユーザーアイコンの下には「クライアントID」「ユーザーを獲得した日付」、「集客チャネル」「デバイス」といったユーザー情報が記載されます。メイン部分では、ユーザー行動がタイムライン表示されます。訪問日時とPV数は表示されクリックすると折りたたみます。(画面はすべて開いた状態です)降順・昇順の並べ替えが可能です。期間指定のカレンダーは実装されたばかりということもあり、グレイアウトの箇所が多いですね。また、フィルタ条件をクリックすると、画面上の表示切り替えができます。
フィルタ条件
「ページビュー」、「目標」、「eコマース」、「イベント」の表示を切り替えられます。
タイムラインでは、PV毎に、どこのページをいつ見たかがわかります。左側にあるチェックボックスを選択して「セグメントの作成」をクリックすれば、その行動でのセグメントを作成することができます。
セグメント作成
特定行動のセグメントをつくっておけば、その後の行動をとったユーザーの変化を追うことができます。

Dot metrixではどうか?

Dot metrixには「ユーザー管理」という機能があり、ユーザーエクスプローラ同様にユーザー行動を取得することができます。設定方法は「【Dot metrix導入編④】ユーザー管理機能を使ってユーザーの行動分析する方法」を参考にしてください。また、もっと簡易に取得する方法もあります。ヘッダーに追加したタグにdotmetrix.identify(localStorage.getItem(‘uu_id’));を追記してください。以下サンプルです。

<!-- Dot metrix -->
<script type='text/javascript'>
  (function(doc, dm) {
    if (!dm.VERSION) {
      window.dotmetrix = dm;

      dm._queue = [];
      dm.init = function(api_token, b, c) {
        dm.API_TOKEN = api_token;
        function f(dm, fname) { dm[fname] = function() { dm._queue.push([fname].concat([].slice.call(arguments, 0))); } }
        var functions = 'track identify set'.split(' ');
        for (var i = 0; i < functions.length; i++) f(dm, functions[i]);
      };

      s = doc.createElement("script"); s.type = "text/javascript"; s.async = !0; s.src = "https://api.dot-metrix.com/dot-metrix.p.js"; e = doc.getElementsByTagName("script")[0]; e.parentNode.insertBefore(s, e);
    }
  })(document, window.dotmetrix || {});
  dotmetrix.init('発行されるタグ毎にことなる値が入ります');
  dotmetrix.identify(localStorage.getItem('uu_id'));
</script>
<!-- /Dot metrix -->

こうすることで、ユーザー管理でユーザーの行動を把握することができます。是非試してみてください。

Dot metrix広告2

最近の投稿

More

Dot metrix

Dot metrix広告2