Googleアナリティクスでリファラルスパムを除外する方法

Googleアナリティクスでリファラルスパムを除外する方法

Webサイトを運営していると意図せず急激にアクセスが増えていることがあります。通常は喜ばしいことなのですが、よく調べてみるとある一定サイトからのアクセスばかりといったことがあります。今回はリファラルスパムと、Googleアナリティクスでリファラルスパムを除外方法について解説して行きます。

リファラルスパムとは

リファラルスパム
リファラスパムとは、サイト運営者が参照元(リファラー)分析を行う際に、クリックを誘発させて、スパムサイトへ流入を促すスパム行為を言います。スパム行為の目的としては、宣伝目的からフィッシングなど悪意のあるケースもあります。なので、不用意にクリックしないように注意しましょう。

Googleアナリティクスでリファラルスパムを除外する方法

それでは、Googleアナリティクスでのフィルタ設定について説明します。まず、アナリティクス設定のアカウントより「すべてのフィルタ」を選択します。
全てのフィルタ
次に「フィルタの追加」をクリックします。
フィルタの追加
フィルタ設定を行います。今回はリファラルスパムの除外方法ですが、自身のIPアドレスからの除外についてもフィルタ追加で設定を行ういます。
フィルタ追加
フィルタ名を入力します。何の設定をしたかわかりやすくしておくとよいでしょう。
フィルタの種類はカスタムにしてください。そして、「フィルタフィールド」は「参照」を選択し、フィルタパターンにスパムサイトのURLを入力します。複数ビューを管理している場合には、対象のビューを選択して「追加」をクリックします。あとは保存をクリックして完了です。

Dot metrixでリファラルスパムを除外する

Dot metrixでリファラルスパムを除外する場合には、「特定のIPアドレスを除外する方法について」という記事でもご紹介したように、IPアドレスを知る必要があります。ただ、スパムサイトの情報をアクセスしないで取得する必要があります。そういう時は、aguse.jp というサイトが便利です。aguse.jp は、怪しいサイトや知らないサイトを訪れる前に、URLを入力するだけで、サイト背景情報を調査することが出来ます。
aguse
さっそく、スパムサイトのURLを入力して調べるとIPアドレスが表示されました。こちらを除外対象とすれば設定完了です。ただし、IPアドレスは変わる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

正確なアクセス解析を行うこともですが、サイトの状態をチェックしてい最中にフィッシングなどの被害にあわないよう、リファラルスパムの情報をチェックするようにしておきましょう。

Dot metrix広告2

最近の投稿

More

Dot metrix

Dot metrix広告2