お気に入り機能を活用して指標の表示を整理する方法

お気に入り機能を活用して指標の表示を整理する方法

Dot metrixについて、日々、色々なご質問をいただきます。今回は、分析の表示に関するご質問について解説します。

KPI分析に表示する/表示しないの選択ができるとうれしいです

たくさんのKPI分析を設定していても、毎回すべてを見るとは限りません。かといって、KPIを削ってしまうわけにはいかないものです。そんな時には、“お気に入り”機能を活用しましょう!

お気に入り機能で分析を整理する

お気に入りの登録方法は簡単です。まずKPI分析や指標分析の中からお気に入り登録するものを選べます。お気に入りには名前がつけられ、複数つくることができます。また、指定した表示形式で登録できるので、例えば、「ソーシャルの分析だけ見る」というような整理の仕方ができます。

fav_set01
まず、登録したいKPIや指標の条件を指定してお気に入りに追加します。追加方法は右の「お気に入り」をクリックし、名称を決めて登録するだけです。

fav_set02
ソーシャル経由の分析だけをまとめておきたいので、お気に入り名を「ソーシャル」にしました。会議で使う場合には「会議名」で分けてもよいですね。

fav_set03
左メニューの「お気に入り」を開くと作成したお気に入りができます。

fav_set04
条件指定した状態で保存されています。お気に入りの名称変更や登録したKPIの削除などはここから行います。なお、お気に入りは、KPI分析、ファネル分析、コホート分析、LTV分析、A/Bテストで設定した指標を登録することができます。

fav_set05
後から追加する場合には、各指標から同じ手順で行います。お気に入りは複数作れますが、おまり多くなると整理にならないので、先に目的を決めてから登録をすることをおすすめします。

Dot metrix広告2

最近の投稿

More

Dot metrix

Dot metrix広告2