SEOでページ内のキーワード数は意識してる?LIG、 くらしのマーケット、Applivのキーワード出現率を調べてみた。

SEOでページ内のキーワード数は意識してる?LIG、 くらしのマーケット、Applivのキーワード出現率を調べてみた。

検索エンジンに自分のHPを認識してもらい、検索エンジンからの流入を狙うのは常識になりつつあります。

しかし、1ページあたりにどのくらいの文字数があり、文字数に対する単語数をどのくらいにすると検索エンジンに高評価されるのか気にしないでHPやサービスを作ってしまいがちですよね?

今回はそんな1ページあたりの最適な文字数や単語数、キーワード率を調べてみました。

文字数よりも単語数が重要?

コンテンツ(ページ)を作成する時、300文字でいいのか?それとも、600文字は最低必要なのか?

文字数の少ないコンテンツは低品質なページとして判断されると思われるためにこのような疑問が生まれやすいです。

しかし、文字数が多くても同じことの繰り返しのコンテンツにはユーザーは得られる情報は少ないです。

そこでGoogleが重要視しているのはテキスト量(文字数)ではなく、「単語数」になります。

 

単語数は400語以上が目安

では、どのくらいの単語数が必要なのでしょうか?

答えを先に言うと、400語を目安にするといいです。

400語あれば関連性の高い単語が入ってくるので、バラエティに富んだコンテンツとしてGoogleに認知されます。

はじめの文字数はどのくらい必要なのか?という問いは、400語の単語から逆算すると1000文字以上となります。

 

キーワードの出現率は3 ~ 8%が目安

次に、コンテンツページの中で多く出てくる単語をキーワードというのですが、こちらのキーワードの出現率の目安を考えてみましょう。

ちなみに、キーワード出現率は、同一キーワードの数を総単語数で割ると算出できます。

1ページ内に「飲食店」という単語が20個あり、総単語数が400個だったら、キーワード出現率は5%となります。

キーワード出現率を守ったからといってSEOに強いとは言われなくなってきましたが、キーワード出現率が10%を越えてくると、ペナルティーを受ける確率が高くなると言われているので気をつける程度に留めておくことをお勧めします。

 

 

ツールでキーワードの出現率と総単語数を確認してみよう

では実際にコンテンツページを作成した際に簡単に単語数やキーワード出現率を確認するためのツールをご紹介します。

SEO高屋

 

単語数やキーワード出現率を確認できるSEO高屋 一般的に有名です

 

実際に “SEOをすごいよね” と言われるサービスの単語数とキーワード出現率を見てみましょう。

株式会社LIG | 台東区上野にあるウェブ制作会社

総単語数:430

LIGのキーワード出現率

 

くらしのマーケット – くらべておトク、プロのお仕事。

総単語数:601

くらしのマーケットのキーワード出現率

 

Appliv[アプリヴ] – iPhone・iPadアプリが探せる、見つかる

総単語数:1051

Applivのキーワード出現率

 

どのサービスも単語数は400語以上でキーワード出現率が3 ~ 8%以内に抑えられていますね。

ぜひ参考にして、コンテンツページの改善に取り組んでみてください。

【PR】
Dot metrix広告2

最近の投稿

More

Dot metrix

Dot metrix広告2